結婚に不適当な条件4

それにもうひとつ、たえず若い女性にとりまかれて働かねばならぬような職業の人、
こういう人は結婚の相手としてあながち不適当というわけにはゆかないでしょうが、
それでも、結婚してからの恋愛沙汰はふつうの職業よりも多いだろうと思います。

なにしろ、恋というものは、すまいと思っていても、ついしてしまうという性質のものなのですから。
だいたい、どういう職業の人を夫に持ったとしたら、妻の生活はどういう形をとるものか、
これはあなたがたにしたところで、あるていど、じゅうぶん想像がおできになるはずです。
そうして、もしこれがご想像できるとしたら、
そういう職業の人と、はたして自分はうまく、平和に、幸福に、日友の結婚生活をいとなんでゆけるだろうか?それも、ご想像があるていどつくはずです。
でしたらこう,いう想像の上にあなたの結婚の相手をおえらびになるのがいいと思います。

私はいままで、こういう人は結婚の相手としてふさわしくないだろう、といった例を少しばかりあげてみました。
けれども、ほんとうの問題は、あなたがたご自身が、どういった女性であるかという問題でもあるのです。
どんなにステキな、どこから見ても一点の非の打ちどころもないような結婚の相手にしろ、あなた自身がそれにふさわしくない女性であるとしたら、
これはうまくゆかないだろうと思います。
とにかく、あなた自身、結婚の準備の欠くことのできないひとつとして、男性の生理学、女性の生理学について、ごくひととおりで結構です、
正確な知識をもっていただきたいと思うのです。
ただなんとなく結婚してみた、そして結婚してしまってから、するんじゃなかったと後悔した、こういうことは、これからのあたらしい女性のすることではないのです。
ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。

妻だけでありすぎないこと
女だけでありすぎないこと
球だけでありすぎないこと